「毎日健康であり続けること」
これが私たちの願いです。健康は、私たちの日々の生活や活動を支えてくれている根本的なものです。
健康な身体を維持するためには、「睡眠・食事・運動」に気を配ります。お昼の活動中の運動や食事において健康に気を掛けるのはもちろんですが、寝ている間にもカラダを健康にできたらいいですよね。
「寝ながらできる健康管理」。このコンセプトで誕生したのが京都西川のローズテクニーです。
ローズテクニーは、ローズ羽毛掛けふとんやWWaveローズラジカルなどとともに京都西川の代名詞とも言える商品です。

ローズテクニーの特徴

ローズテクニーの大きな特徴は独自開発の「特殊カーボン面発熱体」。
他メーカーがニクロム線を使用した商品を展開する中、京都西川は試行錯誤を繰り返しながら、この「特殊カーボン面発熱体」にこだわりました。開発担当者は「(発熱の源を面状にすることで発熱の効果を高めることができるものの)制御が難しく、開発が難しかった。発売以来30年余、常に完成形・理想形を目指して開発・改良しており、“これで満足”という時期は一度もなかった。その時代その時代で持てる技術をつぎ込んできた」と語っています。
1984(昭和59)年、ローズテクニーの発売当初の価格は12万円。発売当時の敷きふとんとしてはかなり高額品だったにもかかわらず、消費者への浸透を後押していたのは、まさしくこのこだわりでした。

ローズテクニーの効果

ローズテクニーは、厚生労働省の認可を受けた家庭用医療機器です。
ローズテクニーには、電位治療と温熱治療との2種類の治療があります。

【電位治療】
電位治療では、マイナスの電位をカラダに与えることで血液中の帯電微粒子(マイナスとプラスの電位)のバランスを調整します。

●電位治療の効果
・頭痛をやわらげる
・不眠症をやわらげる
・肩こりをやわらげる
・慢性便秘をやわらげる

この電位治療は、即効性を期待する局所治療や対症治療ではなく、体質の改善をねらいとする全身治療です。同じマイナスの電位を身体に取り入れる治療には強い電位を流すもの(局所治療・対症治療)もありますが、ローズテクニーの電位治療は、微弱な電位をカラダに与えることで、少しずつカラダのバランスを整えることが目的です。根気よくカラダを慣らしながら毎日継続して使用することにより、「健康的な体質作り」のお役に立ちます。

【温熱治療】
温熱治療時のローズテクニーの表面温度は、「弱」の場合は約42℃、「強」の場合は約46℃です(日本工業規格で温熱治療温度は40℃以上60℃以下と定められています)

●温熱治療の効果
・血行をよくする
・胃腸の働きを活発にする
・筋肉のこりをほぐし、疲れをとる
・神経痛や筋肉痛の痛みをやわらげる

ローズテクニーの「特殊カーボン面発熱体」は、カーボン素材に特殊な加工を施し、平たい板状(=面状)に仕上げたヒーター(面発熱体)です。電気毛布はニクロム線という動線による線状発熱体といいます。
特殊カーボン面発熱体は、電磁波の心配はありません。
また必要な温度を面で発熱しますので、ローズテクニーは発熱効率が高い省エネルギー設定です。温度の立ち上がりが早く(速断機能)、やわらかい温もりを得ることができます。
機種によって多少の差はありますが、温熱治療を1時間使った場合「強」で約1.0円、「弱」で約0.7円です(JNR-1002の場合)。ですので「強」で1日当り8時間使用した場合、1ヶ月の電気代は、約1.0円×8時間×30日=約240円となります。
ちなみに、電位治療の場合は、電気代はほとんどかかりません。

様々な運転機能

【交互運転について】
ローズテクニーは、電位治療と温熱治療以外に、交互運転機能をご利用いただけます。
交互運転とは、電位治療と温熱治療が自動的に繰り返される運転ですが、温熱治療が優先的に行われます。敷きふとん(治療部)の温度を一定に保つため、温熱通電が自動的にオン(入り)、オフ(切り)されます。交互運転時の電位治療は温熱通電オフの時に負電位を出力します。

【保温運転について】
ローズテクニーは、温熱治療のほかに保温運転機能があります。
日本工業規格で温熱治療温度は40℃以上60℃以下と定められおり、ローズテクニーの温熱治療は、「弱」で42℃、「強」では46℃で行われます(温度は敷きふとんの表面温度)。ローズテクニーは40℃以下の温度で使用する保温運転機能があります。

わかりやすいコントローラー

操作しやすいコントローラです。

万が一でも安心の安全設計

誤作動やトラブルのときも安心。ローズテクニーは各種保護回路も充実しています。 
1)自動温度調節回路           
2)温度ヒューズ溶断回路         
3)温度過昇面検知回路        
4)感熱線断線検知回路 ※1
5)感熱線短絡検知回路 ※2  
6)異常電流検知回路
7)リード線断線検知回路    
8)異常電圧検知回路
※1・2はJNR1003以外の機種

TOPへ

Copyright (C) nishikawaroseshinsoukan.