今どのような敷きふとんをお使いですか?
フロアスタイル?ベッドスタイル?
かたい?ふつう?やわらかい?
綿わた?ポリエステル?ウール?
シングル?ダブル?

現代では「敷きふとん」と一口にいっても、素材、かたさやカタチなど様々な要素のほかに、使用する人の体型や体格、使用目的などに応じた敷きふとんなどが多数あります。昨今では『健康な生活は質の良い睡眠から』『素晴らしいパフォーマンスに良い睡眠は不可欠』などの認識が広まり、快適な睡眠のための寝具が注目されています。特にカラダをしっかり支えるまくらと敷きふとんの重要性に注目が集まっています。

WWave ローズラジカルとは

京都西川では、1980年代から独自の敷きふとん開発にチャレンジしています。そして1992年に固めの敷きふとんの決定版として「ローズラジカル敷きふとん」を開発しました。その「ローズラジカル敷きふとん」が、発売23年となった2015年に、長年慣れ親しんだ名称から「WWaveローズラジカル」に変更し、展開商品も一新します。
キャッチコピーは「いい目覚めをクリエイト!」です。

敷きふとんに求められる基本的な性能

睡眠中にカラダをしっかり支えるためにはしっかりとしたかたさが必要です。やわらかくカラダが沈み込んだ状態では寝返りを打つためにも力が必要になります。WWaveローズラジカルは、独自のダブルウェーブ構造固わたを使用し、「かたさ」にこだわります。
ダブルウェーブは、高機能ポリエステル繊維をシート状にしたものを何層にも重ね合わせ、ニードルパンチで絡ませ合いながら弾力性のある固わた状にしていきます。そして特殊な工程で約4mもの長さを『ぎゅ~っ』とタテヨコにウェーブさせながら約半分の約2mにまで圧縮させます。こうして1枚の敷きふとん用固わたに2つのウェーブができていきます。1つめのウェーブは側面から見える上下方向、2つめのウェーブは表裏面から見える前後方向のウェーブです。これが「W(ダブル)Wave(ウェーブ)」です。
ダブルウェーブ構造の固わたであなたのカラダをしっかり支えます。

WWave ローズラジカルの特徴

ポイント① カラダをバランスよく支える
睡眠は、日常生活の疲労しているカラダの筋肉をリラックスさせる大切な時間です。この睡眠時間にカラダを支えているのがまくらと敷きふとんです。
 日常生活で姿勢が悪いと腰痛や肩こりなど原因になることはよく知られています。同じように寝姿勢が悪いこともカラダの不調の一因であるといわれます。立った状態で一番無理のすくない姿勢は、いわゆる「気をつけ」です。この姿勢では頚椎・腰椎は前湾し胸椎は後湾するなど背骨がゆるやかなS字カーブを描いています。これが自然な立位です。この姿勢のまま横(上向き寝姿勢)になれば、無理がなく楽な寝姿勢なような気がしますが、実際にはヒトが仰向けで横になると、体重の約40%をしめる体圧が臀部(おしり)に、同じく約30%が肩部にかかります。敷きふとんはこの体圧を上手にこなしながら支えなければなりません。体重の重たいヒトがやわらかい敷きふとんで横になるとおしりや肩を支えきれず、アルファベットのW字が崩れたような不安定な寝姿勢となってしまいます。この重たいおしりや肩をしっかりとバランスよく支え、無理の少ない寝姿勢をつくることが敷きふとんの大切な要素の一つです。
 WWaveローズラジカルは、上向きに寝ている姿勢で、おしりや肩の沈み込みを軽減し、バランスよく支えることを目指して作られています。ヒトはヒトそれぞれに体型や体格が違います。3種類の固さの異なるBASICタイプや9分割になったTUNEタイプなど、それぞれの商品の支え方の違いを体感してみてください。

ポイント② 寝ごこちが長続き
 ダブルウェーブ構造の何が良いのでしょうか?
 ダンボールを想像してみてください。段ボールは荷物の梱包や段ボール家具にも使われるように、紙とは思えないほどの強さと安定感があります。その構造は、表と裏の厚紙とその中間部の波形厚紙にあります。1枚1枚は普通の厚紙でも、中央にこの波形(=ウェーブ)厚紙をセットすることで、強さと安定性が実現されているのです。
 耐久性のある高機能ポリエステルを使用し、さらに段ボールのような構造にすることで、ダブルウェーブはへたりにくさを実現。寝ごこちが長続きします。

ポイント③ 密着度を軽減する構造
 快適な睡眠に必要な要素は、カラダに適した寝具と体温調節、そして寝床内環境(温度・湿度)です。
 ヒトは、一晩寝ている間に約コップ1杯分もの汗をかくと言われています。また汗以外にも皮膚などから水分を発散しており、寝床内の湿度が高くなる、いわゆるムレた状態になりがちです。ヒトはムレを感じると、当然不快に感じ始めます。そのため、湿度のこもらない構造であることも重要です。
 WWaveローズラジカルのダブルウェーブ構造は、睡眠中の深い要素であるムレを感じにくいようにふとん周辺に空気が流れるスペースも意識しています。カラダと密着する部分を減らしムレ感も軽減し、さらに快適な睡眠環境の要素の1つである吸湿・透湿性の条件も満たしています。

ポイント④ シャワーなどで洗えます。
 敷きふとんは、毎日の睡眠中のカラダを支えているため、汗や汚れも蓄積されてしまいます。ダブルウェーブは水をためにくい構造なので、シャワーなどによる水洗いが可能です。熱いお湯などを使えば、汗などのニオイもスッキリします。(※ウールタイプの中わたはあらえません。)
また、風通しの良い場所に立てかけて置くだけでも、日々の湿気を拡散させることができます。

西川ローズ寝装館では

睡眠は新しい1日の活力です。その睡眠を支える寝具の中でも敷きふとんこそ重要な商品アイテムと言えるでしょう。
快適な睡眠を支えるハイクォリティーな敷きふとんWWaveローズラジカルシリーズ

西川ローズ寝装館では
①WWaveローズラジカルシリーズの全8種類の商品(シングルサイズ)が揃っています!
②あなたのカラダをしっかり支える敷きふとんを探しましょう!
 是非、実際にWWaveローズラジカルに寝転んで体感(試し寝)してみてください!
 実際に寝てみると、必ず商品それぞれの違いがわかります!
③専門知識のある販売員がご満足いくまでゆっくりとご説明させていただきます!
④もちろんWWaveローズラジカル以外の敷きふとんも品揃えしています。

発売以来20有余年。ローズのこだわりがぎっしりと詰まったWWaveローズラジカルを是非お試しください。

ラインナップ

TOPへ

Copyright (C) nishikawaroseshinsoukan.